人件費や無駄な経費の削減等メリットが豊富な労務管理システム

オフィス

スタッフの積極採用開始の前に導入しておきたい人事労務管理システム

領収書

プロジェクトを受注してこなせばこなすほど収益がアップするタイプの業種だと、より多くのプロジェクトを受注する前提として、プロジェクト業務をこなせるスタッフを数多く採用する必要があります。ところが、従業員が増えると、自ずから人事労務管理関連業務も増加しますので、プロジェクト用の人材の他に人事業務や労務管理を担当するスタッフも追加採用すべきか、検討する必要が出てきます。しかし、プロジェクト用に採用する人材の方はともかくとして、人事や労務管理に当てるスタッフに関しては、他の方法で対応できる可能性がある以上、当面は控えることをおすすめします。人事労務管理システムを導入すれば、そのままでは膨大な量になってしまう業務も、従来よりも何倍も効率よく処理できるはずです。そうすれば、スタッフ一人当たりの業務処理量が増えて、追加採用は不要という結論が出せるかもしれません。
人事や労務管理業務をシステム導入で効率化できるのは、ペーパーレス化によるところと、手順の一元管理によるところが大きいです。これからプロジェクト増大に備えて人材の積極採用をスタートさせるなら、それと並行して、人事労務管理システムの導入も話を進めておきましょう。

TOPICS

見積書

業務効率化システムは非常に便利です

今や、紙ベースの労務管理の申請手続きは古い上に、時間が掛かります。何故なら、業務上申請書の承認者が複数必要だからで…

領収書

スタッフの積極採用開始の前に導入しておきたい人事労務管理システム

プロジェクトを受注してこなせばこなすほど収益がアップするタイプの業種だと、より多くのプロジェクトを受注する前提とし…

しるしが付けられた資料

法令を遵守するためにも人事労務管理システムを導入しよう

最近様々なところでワークライフバランスという言葉を耳にするようになりました。働くということとプライベートの…

スーツの男性

これからの企業には人事労務管理システムが不可欠

2019年4月より、有給休暇の取得必須化や残業時間の規制が始まり、さらに2020年には雇用保険や社会保険の手続き電…