人件費や無駄な経費の削減等メリットが豊富な労務管理システム

オフィス

業務効率化システムは非常に便利です

見積書

今や、紙ベースの労務管理の申請手続きは古い上に、時間が掛かります。何故なら、業務上申請書の承認者が複数必要だからです。印鑑を押印してもらい、上の上長へ回す必要があります。この様な書類は、自分の職場の上長、人事部など他の部署の上長の承認を得る必要があり、しかも、自分が書類を持って、押印に上長を周るわけではないので、何処まで進んでいるのか、何処まで承認済なのかが分かりません。人事労務管理システムを使うと、申請者はWEBで入力し、承認依頼を上げると、予め、承認上司を設定しておけるので、その承認上司に承認依頼が見た旨をメールで知らせるので、承認が早く効率的に進みます。何処まで承認が進んでいるかはWebで確認することもできるので便利です。記載ミス、記載漏れなどによる差戻しも差戻しのコメントを付けて、差し戻せる為に、スムーズに処理ができます。有休取得、出社帰社管理は社員、上司側、人事部全てに対して、Web上で一括に管理ができ、確認できるので、非常に効率化が望めます。月々の交通費精算処理も人事労務管理システムを導入すると、精算処理側、承認する側共に効率化が望めます。一日有休、半休の取得日数のカウントも常に最新でWeb上で確認ができ、後、何日、有給休暇が残っているのかを直ぐに確認できます。上長は部下の有休休暇取得状況を直ぐに確認することができます。

TOPICS

見積書

業務効率化システムは非常に便利です

今や、紙ベースの労務管理の申請手続きは古い上に、時間が掛かります。何故なら、業務上申請書の承認者が複数必要だからで…

領収書

スタッフの積極採用開始の前に導入しておきたい人事労務管理システム

プロジェクトを受注してこなせばこなすほど収益がアップするタイプの業種だと、より多くのプロジェクトを受注する前提とし…

しるしが付けられた資料

法令を遵守するためにも人事労務管理システムを導入しよう

最近様々なところでワークライフバランスという言葉を耳にするようになりました。働くということとプライベートの…

スーツの男性

これからの企業には人事労務管理システムが不可欠

2019年4月より、有給休暇の取得必須化や残業時間の規制が始まり、さらに2020年には雇用保険や社会保険の手続き電…